2020年7月13日(月)
第2回「在宅ワーク、リモートワークで必須のオンライン・コミュニケーションのポイント」

今回のオンライン研究会では、「オンラインミーティング、研修を行うための準備、参加者のITスキルフォローの重要性」、「オンライン・コミュニケーション活用のポイント(ツール比較、映像配信の設備等)」を踏まえて、運営メンバーより発表させていただきました。
【1部】「主催者挨拶、アンケート分析結果報告」植田寿乃
【2部】「オンライン発信者のための4つのポイント」山岡正子
【3部】「Qスタジオ、オンライン配信機材構成」ビデオ
【4部】「オンライン発信を進化させよう!」田中慶子
参加者は、事務局あわせて32名となり、そのうち約3分の1の方々が日本各地から初参加いただけたことから、オンライン研究会ならではの広がりが感じられました。

【1部】まず初めに植田より、皆さまの企業・組織のオンライン・コミュニケーションについて、アンケート結果の共有が行われました。
 現在、オンラインでの会議を行っているか、という質問については、すべての企業が行っている(「行っている」90%、「少し行っている」10%)ことが分かりました。研修については、集合型研修について60%の企業が「延期、中止している」一方、オンライン研修については、80%が、「行っている」もしくは「予定している」との回答が得られました。オンラインミーティングのツールは、Microsoft Teamsが35%、Zoomが35%と同割合でしたが、社内の打合せはTeams、社外との打ち合わせや研修はZoomと使い分けているとの声もいくつか聞かれました。在宅勤務用の個人PCに関しては、60%が「ある」と回答していますが、接続料については、会社から援助ありが30%、個人の負担としているところが70%を占めました。
 オンライン・コミュニケーションに関して社内で問題や課題がありますか?については、「ある」、「少しある」で90%を占め、その内容としては
・オンライン・コミュニケーションに慣れていない
・個人的にはないと思っているが、オンラインが苦手な人や ちょっとした事を聞くには聞きづらいという問題などはあるのかもしれない
・働き方改革で導入したオンライン・コミュニケーションツールを使いこなせていない人が多数いる
・使える人、使えない人がマネジメント層にいるかいないかで、大きな差が生まれている。
との声が聞かれました。
自分自身のオンライン・コミュニケーションにおける悩みがありますか?については
・慣れていない。楽しくコミュニケーション出来ない。
・通信量の関係から画面オフが基本となっており、お互いの表情が読めず、音声に頼ったコミュニケーションの難しさを感じています。
等のお答えが聞かれました。

【2部】私からは、オンラインミーティングに苦手意識を感じている方々に一歩踏み出していただきたいという想いのもと、「オンライン発信者のための4つのポインント」をお話し致しました。4つのポイントは「環境」「ハードウェア」「ソフトウェア」「ヒューマンリソース」となります。コロナ禍で突如始まった在宅勤務、いざオンラインミーティングと言われても、準備もなければ経験もない。不安と戸惑いの気持ちを払拭するためには、とにかく慣れるしかありません。苦手意識の根底にあると思われる4つのポイントとその解決の糸口をご提案することで、オンラインワールドの未来を感じ取っていただけたのではないかと思います。

【3部】第3部では、QueのIT担当者による「Qスタジオ、オンライン配信機材構成」をビデオでご紹介致しました。配信クオリティを高めるには、カメラ、照明、マイクをグレードアップしAVスイッチャーでプレゼンテーション資料と自分の映像を合成する手法が効果的であるとの事でした。予算に合わせたいくつかの組み合わせ例を説明いただきました。また、現在のスマホには高性能のカメラが搭載されていることから、未使用のスマホをカメラ替わりに使うご提案もいただきました。Qスタジオと同等のクオリティを実現するには投資が必要ですが、ご興味のある方は、ぜひオンライン研究会で高品質は映像配信をご体感ください。

【4部】田中さんからは、“「オンライン発信を進化させよう!」~脱・画面共有、 Picture in Picture ~”をテーマに、OBS studioという無料のオンライン発信ツールが紹介されました。withコロナの状況下、社内研修やプロジェクト報告など、今後益々オンラインで開催されることが予想されます。Zoomの画面共有では資料表示がメインで、発表者の表情や思いが伝わりにくくなってしまう課題があります。ご紹介いただいたOBSstudioというソフトを使うとPicture in Pictureが実現でき、資料も発表者も効果的に見せることができることがわかりました。『習いながら慣れる』、参加された方々からも、試して、練習して、どんどん発信してみたいという意欲が感じられました。

グループディスカッションでは、各社のオンライン会議、研修等、会社が抱える課題などが話されました。緊急事態宣言が解除された後は、在宅勤務がコロナ前よりも進んだ会社もあれば、週1回、週2回、現在ではすべて出勤という会社もありました。在宅勤務の打ち合わせでは、セキュリティ上、画像が禁止されていて音声のみの打ち合わせとなっている組織の方もいて、顔が見えなくて声だけだと真意が伝わらない等、オンライン導入状況によって課題は様々でした。
・外部の研修はほとんどzoomだが、セキュリティの問題で、導入できない。
・オンライン研修を既に導入している会社は、受講者が新人や若手であれば違和感なく実施できるが、40代半ば以降の年代では、堅い感じになるので年代によって、アイスブレイクの必要があると感じている。
・人が集まる会場での説明会では、開始時間になったら、「それでは説明会を始めます」と、いきなり本題に入っていたが、オンラインで実施する場合は、ひとりひとりの名前を呼んで声掛けする視点が大事だと気付かされて、大変参考になった。
・ZOOMの画面共有と比較して、OBSは、顔の表情、身振り手振りがとても伝わることが実感できたので、例えば、入社式等社長の顔が大きく見えるように、OBSを導入するのもありかと思う

皆さん、それぞれの立場で今後のオンラインコミュニケーションで活かせそうな場面に思いをめぐらせていらっしゃいました。

<次回のオンライン研究会のお知らせ>
【第3回オンライン研究会】2020年8月19日(水)
オンラインへシフトへするための管理職のマネージメント&リーダシップ
~求められるITリテラシー、リモートでの信頼関係の構築~
事例発表: パナソニック エイジフリー株式会社 小松 多惠子氏

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げています。引き続き、どうぞよろしくお願い致します。
(文責:キャリアコンサルタント 臼井淑子、キャリコンサルタント 山岡正子)